宇宙服blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

CKハンガリー編 その6

というわけでKonstantinos一世の続きの続き、対ビザンツ帝国戦役です。
黒海を渡って大軍が我が領土を目指してきます。神風とか起こって欲しいのですが当然ながら起こりません。
仕方がないので、直轄地はもとより封臣からも軍隊を動員させて挙国一致体制でこれを迎撃します。
本当は迎撃したくないです。
自分より強大な敵と戦争しないといけない状況に追い込まれている時点で、戦略的に失敗しています。

かくして1164年8月、Oleshyeの地にて一大会戦を行う羽目になりました。
攻め手のビザンツ帝国軍13000人に対して、我がリトアニア王軍は15000人です。
数こそ上回っていますが、我が軍の元帥は前述の通りにヘボ元帥なのでどうしようもありません。
さらには激突した直後に「君主がヘタレな行いをしました」イベントが発生してKonstantinos一世の軍事能力が下がりました。
もうだめぽとしか言いようがありません。
勝ち目が無いので撤退しました。
敗北です。

非常にまずい展開ですが、ここでビザンツが外交交渉のテーブルに乗ってくれました。
神!神降臨です!
ビザンツ帝国がキリスト教圏の国で良かったです。
これが異教徒だったらバッドエンドでした。
講和の結果、賠償金のみで手打ちとなりました。素晴らしい。いつかビザンツ潰そうと思います。

しかしこの後も波乱含みの展開が続きました。
孫(三男の息子)と譜代家臣Poth家との領地争いが起きたりして、てんやわんやです。
無理な拡大路線と会戦の敗北で評判もだいぶ悪化していてアレです。困ります。
なんか無理して王位に就くより、公爵位のままでいた方が良かった気がします。
で、ストレスが昂じたのか、ついにKonstantinos一世が「ムハハハハハハハ!」と笑い始めました。どうすればいいんだ。

以後非常に危ういバランスの中、狂王の治世が7年続きました。
リトアニア王国が末永く繁栄するか否かは誰にも予断できない状況ですが、とりあえず野望の王国建設の夢が叶ったのでめでたしめでたしです。
スポンサーサイト
  1. 2005/05/14(土) 23:45:30|
  2. ゲーム:CK|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント(-)

CKハンガリー編 その5

小Konstantinosの続きです。
蛮族平定を終えて、あと一つ州を獲得すれば王を名乗れるところまで漕ぎ着けたのですが、
ここで焦って失敗をしてしまいました。

最後に切り取ろうとした勢力の封主であるキエフがマジ切れしました。
昔首都を攻め落としたのがまずかったのでしょうか。まあ普通にまずいと思います。
我々の講和の申し出も聞き入れず、軍をこちらに差し向かわせてきました。
しかもキエフの同盟先がビザンツ帝国であることを見落としていまして、ビザンツからも一万を超える軍隊がやってきます。
キエフならともかく、ビザンツは洒落になりません。
マジやばい。
とりあえず急いで戴冠式を行います。1164年6月のことです。
王位に就いたら、即行で講和のお誘いをしてみました。
「王様になりまちた。なかよくちまちょうね(はぁと)」と書簡を送りました。無視されました。
というわけで、なし崩し的に大戦の火蓋は切って落とされます。

まずは対キエフ戦役。
外交交渉で退くだろうと甘く見ていたために初動が遅れて、一旦はキエフを失陥してしまいましたが、なんとか取り戻して講和を結ぶことができました。
まあ順当と言えます。しかし本当の脅威は次に控えるビザンツ帝国です。

どうにも勝ち目が薄そうなのが鬱すぎます。
天才軍師とか現れてくれませんかね。
天才じゃなくてもいいので、ウチの発狂済な軍事能力2の元帥よりマシだったら誰でもいいです。
  1. 2005/05/14(土) 16:42:17|
  2. ゲーム:CK|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント(-)

CKハンガリー編 その4

Konstantinosの後を継いだのはKonstantinosです。
同名でややこしいです。
軍事6外交11陰謀7管理15
英雄と呼ぶに値する能力値に、今後の期待も高まります。
この時点でもはやハンガリー王家との力の差は明白となり、主従関係はほぼ形骸化しています。

さらにはハンガリーとムスリムの紛争に介入して、漁夫の利でハンガリー領を我が物にします。
ハンガリー領→ムスリム領→Torki公領
ムスリムに占領された旧ハンガリー領を奪い取ることで威信を消費することなく主家の領地を削ったわけです。

かくしてバルト海から黒海に至る東欧隋一の勢力を保有するに至りました。
至りましたが、身分はいまだ公爵です。
そろそろ王様になってもいいと思う。

王位に就くには二つの方法があります。
一つは既存の王家から武力で簒奪するやり方。
ただし、これはキリスト教圏の大勢力に本気で喧嘩を売ることを意味するので、ハードルが高いです。
もう一つは新規に王位を名乗る方法です。
公爵位を創設したときと同様に、ある地域内で一定数以上の州を支配下に置くことで可能となります。
さすがに王位を名乗るには必要な州の数が多くて大変ですが、現況を眺めるとリトアニア王位に手が届きそうな感じです。
なにより蛮族を平定するだけで条件達成に近づけるのがいいです。
これはもう怒涛の勢いで蛮族どもを討伐するしかありません。
いい異教徒は死んだ異教徒だけだ!Deus Vult!
  1. 2005/05/14(土) 00:00:54|
  2. ゲーム:CK|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント(-)

CKハンガリー編 その3

三代目のKonstantinosは次男ですが、長兄がひきこもってしまったために、繰り上がりで当主となりました。
軍事6外交9陰謀11管理9
積極的な外征により一気に勢力を拡大しました。
近隣の州を平らげるのみならず、バルト海南岸地域への北伐で勢いに乗ると、今度は東欧経済の中心地キエフを手中に収め、ついでに因縁のポーランドにも喧嘩を売って領地を削り取る暴れん坊ぶりです。
ただし急激な領土拡張に伴って人材不足という問題が発生してしまいました。

君主の管理能力にもよりますが、全領土を直轄領にするのは非効率的なので、宮廷内の人間から適宜選んで領地に封じてやらなければなりません。
基本的にはArpad家の人間を選んで伯爵にしていたのですが、ついに一族だけでは支配しきれなくなりました。
代替候補には譜代の家臣でPoth家という家柄があるのですが、この家系、確かに優秀な人物を輩出する血筋ではあるものの、高確率で「ムハハハハハハ!」と笑い出して「バベルの塔を作るZE!」と借金した挙句に謎の建造物を建築しまくる人間が現れる、まあぶっちゃけ気狂いが発生しやすい家系です。
Arpad家の血を入れたら緩和するかな、と歴代の娘を嫁がせてみたりもしたのですが、あまりアレな血は薄まらないようです。

完全な外様を領主にするよりはマシかと、おっかなびっくり各地に配置してみましたが、よく考えると主君より優秀すぎる領主というのは危険な存在になりかねないので、適度にアレな人間が発生する現状は意外と悪くないのかもしれません。
そしてTorki公爵領に謎のオブジェ建造ブームが巻き起こります。
  1. 2005/05/12(木) 23:38:40|
  2. ゲーム:CK|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント(-)

CKハンガリー編 その2

NTR伯Laszloの跡は長子Petrosが継ぎました。
軍事1外交5陰謀5管理9
父親から軍才を受け継ぐことはできませんでしたが、戦が下手なら下手でも勝てるほどの数と質を揃えればいいことです。
圧倒的大軍で敵を揉みに揉むのがArpad家の戦です。
なので、先代の富国強兵策を継承発展させて領土内の軍備を整えました。
特に他国に先駆けて、馬上槍を持った重装騎兵隊を編成できるようになったのは戦力的に大きな成果です。
こうしてできた精強な兵士を有能な指揮官である弟が率いて、地道に勢力拡大を推し進めます。
代を継いでより10年目の1104年、ついにTorki公の称号を獲得です。
野望の王国建設にまた一歩近づきました。

以後、公爵として着々と地歩を固めていましたが、1113年に大きな動乱が発生します。
ハンガリーと東の蛮族との紛争が、ポーランド、ボヘミア、ノルウェー、ドイツ、フランスを巻き込みました。
東欧各地で戦火が上がります。
この戦役でハンガリーは少なからぬ領地を失い、ポーランドが漁夫の利を得ます。
そして王家勢力の低下により、Torki公は国内では王家に比肩する勢力となりました。
  1. 2005/05/11(水) 23:01:04|
  2. ゲーム:CK|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント(-)
次のページ

各務一人

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。