宇宙服blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

最近読んだの感想

とある飛空士への追憶
好きか嫌いかでいえば好きなんですけど、俺のアニマが「私女だけど日焼けのこと考えられない男の人って…」とかいろいろ囁くので他人にお勧めはできない。
俺内部の中二男子は誉めてます。


春期限定いちごタルト事件
小佐内さん可愛いよ小佐内さん的な、キャラ萌えで消費するような読み方をしてしまいました。
しかしそれより問題なのは、年齢が自分の半分なキャラクター相手にさん付けしている私の精神ではないでしょうか。


フランケン・ふらん
この作者、頭おかしいよね(満面の笑顔で)。
でも怪奇コミックス時代の間黒男さんも人間を鳥に改造して野に放したりと結構無茶してたので、実はふらんこそブラック・ジャックの正当後継漫画じゃないかなと思います。
スポンサーサイト
  1. 2009/05/26(火) 23:13:12|
  2. 読書|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「処刑御使」の存在を知って最初の一言

ゲェー!本当に書いてた!!
(6月19日参照)
  1. 2006/08/10(木) 20:32:11|
  2. 読書|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

荒山先生マジリスペクト

418 :無名草子さん :2006/04/25(火) 18:07:43
荒山徹の作品に、隆慶先生というキャラがでてきたんだけど、マジでどうしよう

419 :無名草子さん :2006/04/25(火) 18:40:26
どうにか出来るのならどうにかしろよ


こんな書き込みを見てしまった以上、「柳生雨月抄」は万難を排してでも読むしかなくなってしまいました。
  1. 2006/06/22(木) 01:12:12|
  2. 読書|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

魔岩伝説

「魔岩伝説」読みました。
巻頭の朝鮮全図を見たときに嫌な予感がしていたのですが、まさかその予感が本当に当たるとは…。
ちなみにあらすじですが、若き日の遠山の金さんが朝鮮に行っていろいろあった末に朝鮮妖術を身につけて帰ってくる、の巻です。
荒山先生はロックだ。 そして、この本を手にしたキミたちもロックだ。
ところで遠山の金さんといい真田幸村といい、このまま荒山先生が生き続ける限り、日本の有名人は一人残らず朝鮮に出かけてしまいそうな勢いですね。
いいぞもっとやれ。
そのうち伊藤博文の暗殺事件も朝鮮妖術が云々という話とか書き出しかねないのが恐ろしいです。いろんな意味で。
荒山先生の次回作に期待しています。
  1. 2006/06/19(月) 22:50:50|
  2. 読書|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ノッカラノウム

「十兵衛両断」読了しました。
荒山先生の朝鮮への歪んだ愛情には眩暈がしますね。
あまりにも高濃度なアレに当てられて、思わず私の中で間違った韓流ブームが巻き起こりそうです。
あと柳生。超柳生です。
宗矩は悪くて強くて最高にカッコいいです。
そして柳生家に最強の魔法剣士が誕生しました。
荒山先生も柳生が大好きなんだなあ。
隆先生の柳生LOVEも凡人には到達できない高みに達していましたが、荒山先生も相当にアレです。
優れた伝奇作家はなぜ柳生に魅せられてしまうのか。
この命題に解答が出たときこそ伝奇小説界に革命が起こりますよ。
  1. 2006/06/15(木) 00:09:08|
  2. 読書|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ

各務一人

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。