宇宙服blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

荒山先生マジリスペクト

418 :無名草子さん :2006/04/25(火) 18:07:43
荒山徹の作品に、隆慶先生というキャラがでてきたんだけど、マジでどうしよう

419 :無名草子さん :2006/04/25(火) 18:40:26
どうにか出来るのならどうにかしろよ


こんな書き込みを見てしまった以上、「柳生雨月抄」は万難を排してでも読むしかなくなってしまいました。
スポンサーサイト
  1. 2006/06/22(木) 01:12:12|
  2. 読書|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ぼくあたまがヘンになっちゃったよぉ

謎の頭痛がします。
いよいよ私に秘められていた超能力が覚醒するか、あるいは脳内彼女がリアル世界に現出する前触れだと思うのですが、もしかしたら死期が近いのかもしれません。
  1. 2006/06/21(水) 01:26:03|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

魔岩伝説

「魔岩伝説」読みました。
巻頭の朝鮮全図を見たときに嫌な予感がしていたのですが、まさかその予感が本当に当たるとは…。
ちなみにあらすじですが、若き日の遠山の金さんが朝鮮に行っていろいろあった末に朝鮮妖術を身につけて帰ってくる、の巻です。
荒山先生はロックだ。 そして、この本を手にしたキミたちもロックだ。
ところで遠山の金さんといい真田幸村といい、このまま荒山先生が生き続ける限り、日本の有名人は一人残らず朝鮮に出かけてしまいそうな勢いですね。
いいぞもっとやれ。
そのうち伊藤博文の暗殺事件も朝鮮妖術が云々という話とか書き出しかねないのが恐ろしいです。いろんな意味で。
荒山先生の次回作に期待しています。
  1. 2006/06/19(月) 22:50:50|
  2. 読書|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

不毛

小人さんが「女性声優ルックスランキング」スレを見て「俺の好きな声優が軒並み低評価なのが許せない」と言っていますが、俺はそんなスレを見ている小人さんこそ許せない。
  1. 2006/06/19(月) 22:25:57|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ラジオ

声優萌えの小人さんに影響されて、いくつかラジオを聞いたり聞かなかったりしているのですが、「集まれ昌鹿野編集部」がちょっと面白いです。
いつもはネット配信しているのを聞いているのですが、先週の三時間生放送分はさすがに全部は配信されていないので、どんな内容だったのか気になります。
2chの実況スレを見るかぎり、相当ひどい放送だったようなので聞いておけばよかった。
ガブガブさんならきっと録音してあるので、あとで聞かせてください。
ちなみに前半部分ではレマン湖レマン湖と連呼してました。
一応声優ラジオ枠なのに、ものすごい勢いで中坊神経を刺激するラジオです。
  1. 2006/06/18(日) 00:54:36|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ノッカラノウム

「十兵衛両断」読了しました。
荒山先生の朝鮮への歪んだ愛情には眩暈がしますね。
あまりにも高濃度なアレに当てられて、思わず私の中で間違った韓流ブームが巻き起こりそうです。
あと柳生。超柳生です。
宗矩は悪くて強くて最高にカッコいいです。
そして柳生家に最強の魔法剣士が誕生しました。
荒山先生も柳生が大好きなんだなあ。
隆先生の柳生LOVEも凡人には到達できない高みに達していましたが、荒山先生も相当にアレです。
優れた伝奇作家はなぜ柳生に魅せられてしまうのか。
この命題に解答が出たときこそ伝奇小説界に革命が起こりますよ。
  1. 2006/06/15(木) 00:09:08|
  2. 読書|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

僕の考えた伝奇小説(2)

死闘の末、足利義輝は千年に渡る影の結社の陰謀を粉砕した。
だが平穏もつかの間、京の都で奇怪な現象が続発する。
真相を探るべく動き出した義輝であったが、アトランティスの転生戦士と名乗る集団の襲撃を受けてしまう。
彼らの恐ろしい特殊能力により追い詰められる義輝。
その頃、闇の彼方では不気味な詠唱が連綿と続いていた。
ふんぐるい むぐるうなふ くとぅるふ るるいえ うが=なぐる ふたぐん
紀伊の南海に浮上する禍々しき邪神に、日本は未曾有の危機を迎える!!
  1. 2006/06/03(土) 23:09:19|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

僕の考えた伝奇小説

松永久秀と三好三人衆の襲撃によって、将軍足利義輝の姿は猛火の奥へと消える。
だが、剣豪将軍の熱き魂を、世界は必要としていた。
剣聖塚原卜伝の手により九死に一生を得た義輝は、古来よりこの国を影から操る組織との戦いに身を投じることとなる。
東の果てに漂着したユダヤの失われた支族とは?京の都に隠されたセフィロトの樹とは?
そして神の似姿、「アダム・カドモン」へと至る道とは?
妖術師を相手に、秘剣、一の太刀が閃く!
  1. 2006/06/03(土) 23:08:09|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

田舎鬱

DMCを探して本屋を6件回りましたがZENMETSUです。
池袋にあるという情報を頂きましたが、かなりmurioですね。
これは重版待ちでしょうか。
対策を電波に聞いてみようと思います。
  1. 2006/06/03(土) 22:42:05|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

あー

猫村さん2巻も買わねばなりません。
「十兵衛両断」は手に入れました。
これも大変アレですね。
荒山作品はあらすじを説明しようとすると、間違いなくキチガイだと思われてしまうのが大変よろしい。
  1. 2006/06/01(木) 00:55:50|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

各務一人

05 | 2006/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。