FC2ブログ

宇宙服blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

CKハンガリー編 その3

三代目のKonstantinosは次男ですが、長兄がひきこもってしまったために、繰り上がりで当主となりました。
軍事6外交9陰謀11管理9
積極的な外征により一気に勢力を拡大しました。
近隣の州を平らげるのみならず、バルト海南岸地域への北伐で勢いに乗ると、今度は東欧経済の中心地キエフを手中に収め、ついでに因縁のポーランドにも喧嘩を売って領地を削り取る暴れん坊ぶりです。
ただし急激な領土拡張に伴って人材不足という問題が発生してしまいました。

君主の管理能力にもよりますが、全領土を直轄領にするのは非効率的なので、宮廷内の人間から適宜選んで領地に封じてやらなければなりません。
基本的にはArpad家の人間を選んで伯爵にしていたのですが、ついに一族だけでは支配しきれなくなりました。
代替候補には譜代の家臣でPoth家という家柄があるのですが、この家系、確かに優秀な人物を輩出する血筋ではあるものの、高確率で「ムハハハハハハ!」と笑い出して「バベルの塔を作るZE!」と借金した挙句に謎の建造物を建築しまくる人間が現れる、まあぶっちゃけ気狂いが発生しやすい家系です。
Arpad家の血を入れたら緩和するかな、と歴代の娘を嫁がせてみたりもしたのですが、あまりアレな血は薄まらないようです。

完全な外様を領主にするよりはマシかと、おっかなびっくり各地に配置してみましたが、よく考えると主君より優秀すぎる領主というのは危険な存在になりかねないので、適度にアレな人間が発生する現状は意外と悪くないのかもしれません。
そしてTorki公爵領に謎のオブジェ建造ブームが巻き起こります。
スポンサーサイト
  1. 2005/05/12(木) 23:38:40|
  2. ゲーム:CK|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kgm.blog5.fc2.com/tb.php/46-a95eeba4

各務一人

08 | 2018/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。